セックスレス解消の方法│クリニックで相談する

女性
このエントリーをはてなブックマークに追加

出産と性欲の関係

考える夫婦

セックスレスに悩む夫婦にも、様々なパターンがあります。例えば女性が出産を機にセックスの回数が減ってしまったというケースも非常に多いのです。なぜそのような状態になるのか、原因を探っていく必要があります。

Read

男女の性質の違い

夫婦

仲の良い夫婦であっても、セックスレスに陥ることは十分にありえます。その原因はパートナーを友達のように感じてしまうことや、母親または父親のように感じてしまうことにあるようです。

Read

演出や流れを変える

悩むウーマン

セックスレスに悩んでいる夫婦は多いのですが、そもそもセックスのあり方や考え方を見直す必要があるのかもしれません。慣れきったパターンを繰り返すよりも、演出や流れを変えてみることも大事です。

Read

夫婦の性行為を考える

男の人と女の人

結婚後の夫婦関係に悩むカップルも多く、特に出産後や子育てが忙しくなると、セックスレスに陥ってしまう傾向にあるようです。もともと、日本人のセックスの回数は、他の先進国に比べても少ないと言われていましたが、結婚や出産、育児によってパートナーとの関係性や役割が変わってしまうことで、セックスに対する考えに変化が起こるようです。

女性は出産後、体型や膣に変化が起こります。骨盤が開いてしまうので、自然と膣もゆるんでしまいます。クリニックでは、膣トレや骨盤体操など引き締めに効果がある、体操やトレーニングを指導してくれます。地道に取り組めば出産前の体型に戻ることもできますが、少しでも効果を実感したいのであれば、専門的な施術を受けてみても良いでしょう。

出産後、セックスしたもののパートナーの反応がいまいちだった、これは女性にとってかなりショックな出来事です。また、パートナーも女性を傷つけないように、あえて問題に触れないということも、セックスレスを招いてしまう原因となってしまいます。気になった時点で真剣に話し合い、引き締めに効果がある施術を受けるか相談してみましょう。施術というと、大掛かりなイメージを抱く人もいますが、駐車や高周波を使った短時間の施術もあります。ダウンタイムや出血、痛みなど感じない施術があるのです。

膣の引き締めに効果を発揮してくれる施術は、短時間で行なえるため入院の必要もありませんし、施術後は1週間前後でセックスを行なうことができます。体験した方の多くは、施術後のセックスに満足していることが多く、自身の変化も実感しています。